飯能市メガソーラー疑惑

阿須山中サッカー場問題解説 by azneko

伐採木評価額を試算する

概説

飯能市が阿須山中地内の市有地伐採木売却代金を最優秀提案事業者である一般社団法人飯能インターナショナル・スポーツアカデミーに得させたことが2021年6月16日飯能市議会一般質問の中で明らかにされている。

一特定事業者に多額の利益を供与した理由については、市議の質問に対して次のように述べている。

[長谷川議員]

ところで伐採した木の取り扱いについて市民より昨年10月28日に飯能市に対して質問が出ていました。

それに対して飯能市は12月14日にこう回答しています。飯能市は、立木を売却可能とするための伐採、搬出加工等にかかる費用を見積もったところ、伐木の売り払いによって生じる見込みの利益を大幅に上回ったことから、その利益を事業者が負担した伐採等に係る費用に充てることとしています、と回答しました。

この回答で間違いありませんか。

[青田財務部長]

間違いございません。

実際の売却代金について市側は「売却についてはアカデミー側の事業であり不知」の旨回答。また評価額については回答せず、売却にかかる加工運搬費を回答して論点をずらしている。また、別の幹部もこの加工運搬費を売却収入として回答している。

飯能市は売却先を明らかにしていないが、信頼筋によると、その一部あるいは全部について、埼玉県内某社に売却されたことが特定。某社の事業内容から用途は木材チップ加工用である。

今回は農水省統計の木材価格全国平均価格等を利用して、売却可能な金額を試算した。

売却時期は比較的価格が安定していた2021年4月と仮定した。伐採木比重は伐採直後の最も比重の大きい生木の状態を仮定して1.0としたが、伐採後に野積みして乾燥が進めば、比重は下がり、材積/比重は上昇して評価額は上がる。厳しめの評価となっている。

伐採木問題についてはその後入手した資料・情報と合わせて、後日あらためて解説する。

評価額

針葉樹
6,500円/立米×7075立米×0.4=18,395,000円
広葉樹
9,500円/立米×7075立米×0.6=40,327,500円

合計58,722,500円=約6,000万円

実際には合単板用素材として19,800円/立米(農水統計2021年4月)のヒノキ中丸太や、1本数万~数十万円と推定できるサクラ、ナラ等が数百本以上はゆうに存在するため1億円を超える可能性が十分にある。

試算条件

  • 伐採木総重量7075トン(飯能市2020年8月7日収受見積書)
  • チップ用素材として売却
  • 売却時期:2021年4月と仮定
  • 伐採時生木比重1.0=生木材積7075立米(立法メートル)
  • 針葉樹:広葉樹=4:6(阿須山中地内目測)

材積価格
農林水産統計木材流通統計調査木材価格(令和3年6月)
木材チップ用素材価格(4p)
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/mokuryu/kakaku/attach/pdf/index-116.pdf

伐採木(生木)比重
北海道大学農学部矢沢亀吉1963
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsms1963/12/121/12_121_678/_pdf

参考

長谷川順子市議 一般質問 書き起こし 阿須山中土地有効活用事業に関して(当ブログ)

伐採木問題解明のための基本資料(当ブログ)

 

 

飯能市長選挙結果と過去データとの比較

2021年7月4日告示、7月11日(日)投票の飯能市長選挙の結果は次の通り。

過去2回の選挙との比較、市議選との比較データを掲載した。

2021年7月11日飯能市長選挙結果

[当選]新井しげはる・新人 14054票(得票率53.6%)
    大久保まさる・現職 12177票(得票率46.4%)
    有権者数67,956人 投票率39.63%
    有効投票数26231票

比較:市議会議員選挙(4月)と市長選(7月)の投票率

2013年 50.32% 57.60%
2017年 50.30%   42.76%
2021年 47.09%   39.63%(今回)

飯能市長選挙結果推移(3回分)

( )内は得票率

2013年 7月21日 くもり
大久保勝  19696(52.6%)
沢辺せい壱 17763(47.4%)
有権者66929人 投票率57.60%
有効投票数37459

2017年 7月9日 晴れ
大久保勝 17410(60.5%)
椙田博之   6970(24.2%)
長谷川順子  4404(15.3%)
有権者68019人 投票率42.76%
有効投票数28784

2021年 7月11日 くもり後雨
新井しげはる 14054(53.6%)
大久保まさる 12177(46.4%)
有権者数67,956  投票率39.63%
有効投票数26231 

 

以上はX氏提供資料に追記して掲載

造成土量比較:熱海市土石流と阿須山中メガソーラー

盛土は崩れやすく危険である

阿須山中造成土量を熱海市土石流盛土量で割ると、

35.0万立方m÷5.4万立方m=約6.5倍

崩落土量=大半が開発による盛土、と静岡県が発表している。

あの津波のような土石流の概ね6.5倍もの土量が阿須山中メガソーラー開発用地では切土盛土される。盛土は切り土と比較して、ふかふかで軟弱な状態が長期にわたって継続するため、土砂災害を発生しやすく危険である。多くの住民市民は年々大規模になる大雨・集中豪雨による災害可能性を不安視している。

【根拠】熱海市伊豆山の土石流で崩落した土量を静岡県が次のように発表した。

静岡県熱海市伊豆山地区で発生した大規模な土石流を巡り、県は4日、発生源付近に開発による盛り土が約5.4万立方メートルあり、その大半が崩れ落ちたとの見解を明らかにした。土石流の正確な起点やメカニズムは分かっていないが、「(盛り土があった)最上流部の大規模崩落が被害を甚大化したと推定される」との認識を示した。

2021年7月4日 日経新聞

盛土量5.4万立方メートルはさらに造成土以外4.6万立方メートルとともに崩落し、合計土量10万立方mとの見解が各局から出されているが、ここでは、阿須山中の造成土量の規模感を知るために、比較対照はあくまで造成された盛土量としている。(2021年7月9日修正)

一方、飯能市が推進してきた阿須山中メガソーラーの開発市有地17haでの造成土量は、35万立法メートルと公表されている。切土は谷や沢を埋める盛土に利用し、外部への搬出は基本的にしないとされている。

一般的なメガソーラーは発電効率上、南斜面あるいは平坦地に設置されるが、阿須山中はほとんどが北斜面で平坦化のため大規模な造成工事が必要となる。それでも、発電効率は通常90%以上であるのに対して、阿須山中63%と極めて低効率であり、不自然である。

改訂

2021年7月9日 一部修正(青字)

熱海市伊豆山ソーラーは低圧分割か

 7月3日に発生した静岡県熱海市の土石流は甚大な被害をもたらし、人命が失われ、現在も、救出活動中である。
 今後、再発防止のために、発生原因の特定と防止策の策定が急がれる。
 さて、この土石流災害と発生現場の近隣、山頂上付近にはソーラー発電所が設置されている。いまのところ、今回の災害との因果関係は不明である。
 固定価格買取制度事業者計画認定情報を調べたところ、これは、低圧分割案件(※)であることが見て取れる。
 「熱海市伊豆山」でFIT認定番号を取得している、低圧分割案件は3社ある。1社のみが「運転開始前」となっておらず、稼働しているものと思われるが、実際の稼働状況が不明のため、単独事業か、2社以上の合同事業かは不明である。
 地図上の目測と、モジュール容量で他事例と比較すると開発面積は概ね1ha前後以上と考えられ、分割案件による分割計画でなければ、林地開発許可が必要な開発行為となっている可能性がある。
 林地開発許可基準では、土砂災害水害等の予防措置として調整池等の防災施設の設置が義務づけられているが、分割案件であれば、免れることも可能であり、防災上問題となる。
 3社ともに、分割された発電出力が、すべて40kwとなっている。また、3社すべてに関与する人物が特定されている。
太陽光発電は、50kw以上の高圧連系では、50kw未満の低圧連系と比較して、電気事業法の適用基準が厳格となり、設置運営コストが格段に上昇する。これを脱法的に回避する手法が低圧分割である。2000kw以上の特別高圧連系を分割する手法は高圧分割となる。ここ埼玉県飯能市周辺では、発電出力6MWを越える特別高圧連系となるところを4つに分割して高圧連系としている事例が報告されている。

f:id:azneko:20210704182831j:plain

伊豆山分割案件。3色で3社を示す

飯能市議3氏の当選効力審査開始/埼玉県選管

飯能市議3氏の当選効力審査開始】

埼玉県選挙管理委員会より報道発表資料公開

飯能市議会議員一般選挙における当選の効力に関する審査の申立てについて」
https://www.pref.saitama.lg.jp/e1701/news/page/news2021062501.html

飯能市議会議員選挙投票日2021年4月25日(日)が迫る4月22日(木)、23日(金)の2日間にわたり、飯能市役所玄関前駐車場で、大久保勝市長が野田直人氏、武田一宏氏及び加涌弘貴氏の3候補に対して応援演説を行った。このとき、約40名の市幹部、職員が列を成して、市長および候補者の方向に向かって拍手をもって応援の意思を明確に示した。

市議選応援職員動員事件/違法行為の疑いも
https://azx.hatenadiary.com/entry/2021/04/24/190719

これらの行為が、地方公務員法および公職選挙法に違反するとして、飯能市民が飯能市選挙管理委員会に異議申し出をして、3氏の当選無効を求めたが、棄却された。

しかし、埼玉県選挙管理委員会は同事案の申し立てを「当選の効力に関する審査」の対象として受理したのである。裁決は8月22日までに下される見込みである。

審査対象の市議について

違法行為が言われている保守系市議3名のうち、阿須山中メガソーラー関連にとくに関係性が強いのは、野田直人市議と武田一宏市議の2名。

野田市議は、2014年6月定例会で大久保市長の日本一のメガソーラー公約を絶賛し、阿須山中へのメガソーラー設置を初めて提言した。議会では、頻繁に議場退出を繰り返し、また、採決も頻繁に欠席するにもかかわらず、問責さえされない特別な存在のようだ。

阿須山中事業反対派に対する問題行動は突出している。

動画で検証「でっち上げられた恫喝」/飯能市議会
https://azx.hatenadiary.com/entry/2020/08/19/172726

武田市議は、2015年~2020年まで阿須山中事業推進の立役者のひとり内沼博史県議の秘書として活動した。

内沼県議は、事業者の顧問を公称していたものの、現在、Facebook等での投稿は削除されているようだ。

地元紙文化新聞では彼が事業者顧問であることを報じている。

彼は、事業者の県林地開発許可申請取得時期であった2020年3月~2021年3月まで所管の農林部関連の環境農林委員長。この時期には、県希少種動植物種保護条例を所管する環境部で希少種コクランを巡り事業者側で問題が生じていた。さらに、住民の事業同意書偽造、コクラン事件での公文書偽造疑惑など違法疑惑が明らかになって以降、2021年3月からは警察危機管理防災委員長に就いている。これが偶然か否かはわからない。

彼の公式サイトのプロフィールでは、2019年3月以降の更新がなく、この2つの委員長歴任には触れられていない(2021年6月29日現在)。