飯能市メガソーラー疑惑

阿須山中サッカー場問題解説 by azneko

【公有地不正貸付 3】近傍類似地の貸付料を試算する

4つの近傍類似地と貸付料試算

以下は、飯能市土地開発公社事業決算報告書のデータから試算した阿須山中公有地170,162m2の月額貸付料に換算して比較するために、近傍類似の土地の貸付料を算出した。

概算484万円~1059万円

現行貸付料の48倍~106倍

公募時最低賃貸借料の67倍~146倍

公社からの買戻金

789万円

公社所有地簿価

595万円

送電線路鉄塔敷地補償料

1059万円

仮設送電線路補償料

484万円

現行貸付料:阿須山中市有地

10万円

公募時最低賃貸借料は72,660円。

試算方法

今回は飯能市土地開発公社(以下、公社)事業決算報告書(平成27年度~令和3年度)より試算した。

買い戻し金と簿価については、阿須山中公有地170162m2の貸付料に換算するために、次の通りに算出。 売上額÷処分面積×170162=阿須山中公有地面積に換算した場合の地価(A) A×0.35%=阿須山中公有地換算月額貸付料。「0.35%」は飯能市が公募時最低賃貸借料で用いた飯能市行政財産使用料条例に定められた月額使用料算定料率。

市の阿須山中公有地買い戻しは総額約20億円、平成23年度より開始されて、令和3年度で結了した。以下に示す金額は買い戻し計画全体の中で位置づけられているため、時価とは異なる参考値である。公募開始の前年度である平成28年度で例示した。

公社所有地簿価については、取得金額に金利、土地維持管理料等が上乗せされていることを勘案する必要がある。公募開始の前年度である平成28年度で例示した。

東京電力が支払う送電線路鉄塔敷地補償料と仮設送電線路補償料については、平成28年度のデータが現在入手できていないため、翌年の平成29年度のデータを用いた。

試算表

公社からの買戻金

買い戻し金

公社所有地簿価

阿須山中公有地簿価

送電線路鉄塔敷地補償料

東京電力支払補償料1

仮設送電線路補償料

東京電力支払補償料2